Tosashimizu Kinmedai – Alfonsino 土佐清水 金目鯛

The north-flowing “Kuroshio” ocean current brings a rich ocean harvest to Tosashimizu City in the southeastern part of Kochi, Japan. 
Fishermen on small boats catch kinmedai one by one with fly fishing gear. The fish are handled very carefully, and in the evening of the same day they are packed for shipping to cities in the USA.  

  

日本で一番最初に黒潮にぶつかる場所・土佐清水。黒潮によって豊かに育ったキンメを一本づつ毛鉤で釣り上げました。小舟に乗った漁師さんが大切に扱ったキンメを夕競りで買い付け、そのままアメリカに向けて直送します。

 

 

Kinmedai (alfonsino) is a deep sea fish. Generally, kinmedai is difficult for daily fishing operations because most of the fishing grounds are far away from the ports. However, Tosashimizu’s location has an advantage for kinmedai fishing because there are good fishing areas within a half day trip distance from the port.  Thus, kinmedai landed there can be kept very fresh for shipping to the US market.

深海に棲む魚キンメダイ。どうしても漁場が遠くなるため日戻り操業がむつかしい魚です。しかし、そのむつかしいキンメの日戻り操業を可能にする特殊な場所に土佐清水は位置します。一日の日の出とともに漁を始め、獲れたその日のうちに帰港し、水揚げを行い、夕方の競りでおとされた魚を新鮮なまま出荷することが可能です。それにより土佐清水で獲れたキンメは活きがよく、極めて高い鮮度の状態を保ったままアメリカまでお届けする事が可能となります。黒潮の恵みで豊かに育ち、皮下脂肪をたっぷりと身につけた濃厚な旨味を最高に新鮮な状態のままご堪能いただけます。